世界文化遺産 姫路城 現代美術ビエンナーレ

姫路で二年に一度開催される現代美術の展示会「世界文化遺産 姫路城 現代美術ビエンナーレ展」

2016a-1
第五回 世界文化遺産 姫路城 現代美術ビエンナーレ2016展

日時:2016年7月14日(木)~ 7月24日(日)

AM 10:00 ~ PM 5:00(最終日は午後3時まで)

場所: イーグレひめじ B1F 姫路市民ギャラリー
http://www.city.himeji.lg.jp/guide/map/castle/egret

■ 主 催 ■

姫路市民プラザ指定管理者(イーグレひめじ・日本管財グループ共同事業体)
姫路城現代美術ビエンナーレ委員会 代表 鹿間厚次郎

連絡 〒676-0082 兵庫県高砂市曽根町2452-2

■ 後 援 ■

兵庫県 姫路市 姫路市教育委員会
神戸新聞社
公益社団法人 姫路観光コンベンションビューロー
公益財団法人 姫路市文化国際交流財団 助成事業
イタリア文化会館・大阪 協賛


Himeji Castle The Fifth Modern Art Biennial exhibition 2016
The World Cultural Heritage Himeji Castle

Dates : Jul.14 (Thu.) - Jul.24 (Sun.)
Hours : 10:00am - 5:00pm(Finals day 3:00pm)
Place : Igure Himeji BF1 Himeji City Gallery

Auspice Host promoted by Himeji City plaza
Himeji Castle Modern Art Biennial commission

Ambassador Koziro SHIKAMA

オープニングイベント

7月13日(水)午後4時~
イーグレひめじ地下1階
市民ギャラリー会場

南京玉すだれ 今川 八尋
かっぽれ 姫路かっぽれ道場

記念講演

7月15日(金)午後2時~3時
イーグレひめじ地下1階 アートホール (無料)

「交錯(イントレッチ) Intrecci~西洋と東洋の現代アートについて~」

講師:ジャンルーカ・ムラセッキ Gianluca Murasecchi
1965年スポレート市(ペルージャ県)生まれ。美術家。
イタリアのウルビーノのアカデミア・ディ・ベッレ・アルティのグラフィックアート科教授。 イタリア国内をはじめアメリカ、スイス、ドイツなどで古典、合同展を開催する。

特別フォーラム

7月15日(金)午後3時~4時30分
イーグレひめじ地下1階 アートホール (無料)

「アートの今を語る」

パネリスト:
福西三千春 元木昭治 よろずふきこ 吉田哲夫 鹿間厚次郎

姫路城現代美術ビエンナーレ出品者たちが、それぞれの創作活動や、現代 アートについての思いを語ります。
姫路市民ギャラリー

第5回 世界文化遺産姫路城 現代美術ビエンナーレ2016展 開催にあたって

 2008年に産声をあげた本展覧会は、市民と美術家の皆様に支えられ、2016年7月に第5回展を迎える運びとなりました。立ち上げにおいては、現代美術って何?ビエンナーレってどういうこと?と何もないところから始まった大変さは、振り返ってみると楽しい思い出です。
 回を重ねるごとに市民の理解を得て、隔年開催(ビエンナーレ)を、今年はやらないのかという声を聞くようになり、そして、姫路は文化都市との評価を得て、美術家たちが一目を置く展覧会に成長してまいりました。
 また、海外との交流も進み、2015年8月にはイタリア・スポレート市において第4回の出展者から選抜した21名の作品を持って「OVèST展」に参加いたしました。
 2016年は、日本とイタリア国交150年ということもあり、第5回の記念展として、イタリアから20名の参加を得て、開催いたします。
 「展示された美術作品の持つ個性豊かな感覚、力に接することによって市民生活の活力となり、人々の心の潤いになればと願うものである。この関西の姫路という場で、市民、美術家と行政によって企画運営する美術展を開催することを趣旨とする。」という当初の目標は、しっかりと叶えられたと自負しています。この歩みを推し進め、市民と美術家たちの絆をいっそう深め、美術を通じて世界の人々と緩やかに繋がって行きたいと思います。

↑このページのトップヘ