鹿間幸次郎氏は、子どもと一緒に「捨象」(廃材となる石片を組み合わせる)手法で、造形をくみ上げていきます。
p11

p14

p13

p12

p15